メインイメージ画像

転職する際の履歴書の書き方

自分自身の仕事に対して、成果が出やすい営業系への転職は仕事に自信がある人なら、やってみたい職種の一つでしょう。企業を対象とした法人の営業や、個人顧客を相手とした営業職というように、たくさんあります。営業は人と人との繋がりが重要ですから、転職者については、今日までの経験を活かせる職になるでしょうから、やってみたい営業職をじっくりと検討してみてはいかがでしょう。

転職を考えた時、まず、初めに準備が必要なのが履歴書です。

履歴書を見てもらえなければ、面接には進むことができませんので、書き方は、とても大事となることは間違いありません。以前は手書きが当たり前でしたが、最近は、WEB履歴書でもよいところが多くなっています。いずれにせよ、履歴書はどれだけのやる気があるのかを測る材料となりますので、しっかりときれいに記入するのがよいでしょう。また、添付が必要な写真も第一印象となってくるので、社会人らしい服装で撮影したものを準備したほうがよいでしょう。

転職するときに、ポイントとなってくるのが、職歴ではないでしょうか。履歴書では職歴というと職務経歴書を別紙に書いて、提出するのが主流です。転職者を採用する会社にとっても、確認するのが職歴になります。これまで、どのような経験、経歴を積み上げてきたのかは、企業が求めた人材を見つけるのにとても重要となるからでしょうよりしっかり、これまでの業務を書き、同じ職種への転職ならば、今まで積み上げてきた経歴を異業種ならば、次の職にも活かせるような共通項をアピールしているような記入を心がけたらよいです。