slide 01 slide 02 slide 03

image第二新卒の人は転職フェアでやる気をアピールしよう

image

近年、転職活動は一般的になっています。昔の日本では、大学を卒業した後に就職すると、定年まで働き続けるのが一般的でした。ですが、現代の日本では状況が変わっていて、数年程の勤務を経て転職活動を始める人が多いです。就職から3年くらいで転職しようとする人のことは、第二新卒と呼ばれていて、転職の活動を行う時に大きな不利益が生じない場合がほとんどです。ただし、新卒の就職においての活動と比べれば大変な場面があるため、第二新卒の人が転職活動に取り組むときには、しっかりと用意をすることが大切です。


一般的な転職活動をする際と同じように、転職サイトに登録してサポートを受けることが必要になります。転職サイトのサポートを受けながら転職活動を実行していくと、さまざまな場面でスムーズに活動することができます。第二新卒の人は、転職活動を行うのが初めてということが多いです。そのため、初めは転職活動を進めていく上での注意点について理解しなければなりません。

転職サイトの担当者とのカウンセリングをする中で、さまざまな説明を受けることが可能なので、しっかりと話を聞いて、適切な行動を取ることが重要です。

短期間で転職活動を終わるためには、転職フェアに参加することも大切です。転職フェアに行くメリットとしては、企業に応募する前の段階で、企業の担当者と話をすることができる利点があります。疑問に感じている点を解消して、納得した上で応募することができるので、転職フェアという機会を逃さないことが大切です。

転職フェアに参加した際には、多くの企業のブースを回るようにして、アクティブにアピールしていく必要があります。

第二新卒は、30代の転職者と比べれば有利な扱いを受けることが多いですが、アピール不足だと評価は低くなります。人事担当者に好印象を抱いてもらうことができれば、面接にも楽な気持ちで臨むことができ、スムーズな回答をすることが可能になるものです。第二新卒の場合、スキルは不十分な場合が多々あるので、人間性、積極性およびやる気などをアピールしていきます。

imageBLOG PARTS

imageBLOG PARTS

imageBLOG PARTS